器具がなくてもできる!水出しコーヒーを代用品だけで作る方法

2 min 31 views
鳥ッパー

鳥ッパー

どうしよう…
コーヒー余っちゃった…

水出しコーヒーを作ってみようよ!

ワンタン

ワンタン

鳥ッパー

鳥ッパー

こんな器具がないとできないんじゃないの?

実は代用品でも十分できるよ!

ワンタン

ワンタン


スーパーのセールでコーヒー豆をついついたくさん買ってしまった。

同じコーヒーばかりに飲んでいたらコーヒーが余ってしまって飲みきれない。



どれだけ、適切に保存していても美味しく飲める期間は過ぎてしまう。

時間が経つと旨味や香りが飛んでしまって、苦くなってくるコーヒー豆だが意外にも水出しコーヒーにマッチしている。



苦味がはっきりしたコーヒー豆は水出しコーヒー作りに最適なので、ぜひ試して欲しい。

そして、実践しやすいように代用品を用いて水出しコーヒーを作ってみよう!

用意するもの

材料

  • コーヒー (レギュラーコーヒー用)

器具

  • お茶だしパック
  • 容器

代用品でできる美味しい水出しコーヒーの作り方

お茶だしパックだけで代用可能!

ワンタン

ワンタン

コーヒーの量は、100mlあたり、10gのコーヒー豆を使用。

出来上がり500mlなら、50gのコーヒー豆ということになる。



所要時間は9時間が目安だ。

それでは手順を簡単にみていこう…

  1. STEP

    コーヒー豆をお茶だしパックにつめる

    コーヒーが多かったら小分けしてなるべく均等につめよう

  2. STEP

    水をゆっくり注ぐ

    パックの中身が出てしまわないようにゆっくりと注ごう

  3. STEP

    常温で1時間放置

    コーヒー粉に水を染み込ませるために放置

  4. STEP

    冷蔵庫で8時間冷やす

    ゆっくり染み出してくる水出しコーヒーの完成を待とう

  5. STEP

    完成

    美味しい水出しコーヒーの完成!

作っている時の様子

お茶だしパック

スーパーでよく売っている、お茶だしパックで十分。

どんどんと詰めていこう…

はかりを使うと便利

つめ終わったら、容器に入れて水を注ぐ…

鳥ッパー

鳥ッパー

中身が飛び出さないようそっとね…

これぐらいになったら冷蔵庫に入れよう

注いだら1時間放置しよう。

お茶みたいな色になってきたら冷蔵庫に入れてOK。


夜に作っておけば朝には完成!

楽しみに待とう…

完成してちょっと飲んでしまった

完成!

朝の目覚めにぴったりな水出しコーヒーの出来上がりだ。

水出しコーヒーはカフェイン量が少ない

水出しコーヒーは、特にコーヒーの酸味が苦手な人やコーヒーをたくさん飲みたい人にはおすすめだ。

お湯で抽出する時よりも、抽出されるカフェイン量は少ない。



そのため、酸味が軽減され、たくさん飲んでもカフェインによる酔いは起こりにくい。

水出しは、ドリップ に自信がなくても味わいの再現度が高いこともメリットの一つだ。

水道水でも大丈夫だけど…

水出しコーヒーに最適な水は軟水。

水道水も軟水なので基本的に使用できる。



しかし、水道水を使用する時に「カルキ臭」が気になることがあるかもしれない。

そんな時は、軟水の天然水を使用するといいだろう。

一回煮沸しておけばカルキ臭は抜けるが、暖かさが残っているとドリップの時のような雑味まで抽出されることがあるので注意だ。



ウォーターサーバーを導入するのも一つの手だと思うので自分のライフスタイルに合った選択をして欲しい。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です