コーヒーの味が薄いと感じたら…ハンドドリップで味を濃くする方法

2 min 96 views
この記事がおすすめな人
  • もっと味の濃いコーヒーが飲みたい
  • ハンドドリップで味が薄いと感じる
  • 手軽にコーヒーの味を濃くしたい

自分の淹れたコーヒーで「なんか味が薄い…」


そう感じたことは、ありませんか?

しっかりとしたコーヒー器具を購入すれば、改善することは簡単です。




しかし、新しいコーヒー道具を購入することは少なからずためらいが生じるはず…

コーヒーの味が薄くなる原因はいくつかありますが、本記事では、手軽さを重視した方法を紹介します!

コーヒーの味が薄いと感じた時の改善方法

そもそものコーヒーの味を決定づける原因に2つがあげられます。

  • コーヒー豆選びによるもの
  • 抽出の仕方によるもの



「コーヒー豆選び」については、深煎りの方が苦味やコクが出やすいので、味は濃くなります。

また、挽く加減を細かくすることで、抽出される成分の量が増すので、これも改善方法の一つです。

ポイント

深煎り豆や、より細かく挽いてある豆を選ぶと味は濃くなる

抽出の方法で改善する

お使いのコーヒー豆がたくさん余っていたり、どうしても使いたいコーヒー豆だとすると、豆選びを変える方法はあっていないかもしれませんね…

パックのコーヒーでも同様です。



そこで、味を決定づけるもう一つの原因である、「抽出の仕方」について注目してみましょう!


抽出の時点で簡単に変えられる方法は以下のようなもがあります。

抽出する時の改善点
  • 一杯あたりのコーヒー粉を増やす
  • 湯をもっとゆっくり注ぐ
  • 1杯ずつドリップする

コーヒー粉を増やせば、一杯あたりに抽出されるコーヒーの成分は増えることになります。



これが一番簡単な方法ですが、消費するコーヒー粉の量が増えてしまうことがデメリットですね…

ポイント

お湯100gに対して、コーヒー粉8g程度が目安

注ぐ湯のコントロールをもっと簡単に

湯のコントロールによる改善が一番コストパフォーマンスがいいでしょう!


注ぐ湯をよりゆっくりにするというのは、より細く一定にお湯を注ぐということです。

電気ケトルのように口が広いもので注ぐと、どうしてもドバッと出てしまいなかなか細くお湯を注げないことがありますよね…



細口のドリップポットを購入することができれば、簡単なのですが、本題である手軽さとはかけ離れてしまいます。

いいものは、けっこう高いですからね…

カリタ Kalita コーヒーポット ステンレス製 細口 0.7L #52055

価格:4,240円

そこでおすすめなのが、急須スキッターです!


300円ほどで購入することができ、すでに持っている急須やケトルに装着することで、簡単に細い湯を注ぐことができます。

また、スキッターを使うと湯が真下落ちやすくなるので、初心者でもプロ並みのドリップが可能に!

ベストコ ステンレス製変身ドリップケトルStyle Tools ガジェコン LB-218

価格:350円

1杯ずつドリップしてみる

2杯以上一気にドリップしようとすると、1杯の時よりもたくさんドリッパーに湯を注ぎます。


ドリップする時間にもよりますが、コーヒー粉の成分が出切ってしまったまま抽出を続けている場合があります。

出がらしが抽出されてしまい結果的に、コーヒー全体の味が薄くなってしまうのです。



うまくドリップできない時は、1杯ずつドリップするのがおすすめ!

ポイント
  • 細くゆっくり湯を注ぐ
  • コーヒー粉の成分を出し切らない

コーヒー粉をさらに挽く

これはちょっと荒技ですが(笑)

元々のコーヒー粉のをさらに細かくすることで、抽出される成分を増やす方法です。



臼鉢を使うと、コーヒー粉が臼鉢について取れなくなることがあるので、可能な限りミルを使用しましょう。


ただし、細かくなりすぎるとフィルターを目詰まりさせる原因になるので注意が必要です。

関連記事:美味しいコーヒーにミルが必須…ふっくらドームを作ろう!

まとめ

コーヒー豆についての対処法としては、煎り具合や挽き具合を変化させること。

抽出については、注ぐ湯のコントロールや1回の抽出で何杯分をドリップするかを気にかけてみることもいいですね…



どんな道具であっても思うように使いこなせることがベストですが、道具にこだわることもコーヒー楽しむ一つの方法です。


ぜひ、お気に入りの道具と共にコーヒーライフを満喫しましょう!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です