【挑戦】カフェ・ロワイヤルでバエるコーヒー作り

2 min 26 views

カフェ・ロワイヤルを作ってみよう!

ワンタン

ワンタン

鳥ッパー

鳥ッパー

何それ?

カフェ・ロワイヤルとは、コーヒーに火をつけアルコールを飛ばしたブランデーと砂糖を加えたもの。

作るときの演出効果が高く、「バエるコーヒー」として人気のある飲み方だ。


栗の渋皮煮を作ろうとしたときに使ったブランデーが余っていたので作ってみたいと思う。

飲んだ後の運転は、飲酒運転になるので注意

カフェ・ロワイヤルの材料

材料
  • コーヒー(インスタんでも可)
  • ブランデー(コニャック)
  • 砂糖(ブラウンシュガーや角砂糖)

ブランデーに火をつけるためにライターやマッチと砂糖を乗せ、かき混ぜるスプーンを用意しよう。

ブランデーは市販で売ってるものを使用した。

次は作る手順を解説していこう。

カフェ・ロワイヤルの作り方

  1. STEP

    コーヒーを作ろう

    今回は中煎りのコーヒーを使用した

  2. STEP

    砂糖をスプーンに乗せる

    砂糖はおよそ10g

  3. STEP

    ブランデーをたらす

    砂糖がまんべんなくしみる程度でOK

  4. STEP

    火をつける

    ブランデーに向けて火をつけるイメージで

  5. STEP

    火が消えたら完成

    火が消えたことを確認したらスプーンを沈めてかき混ぜよう

ブランデーの甘さや香りほろ苦さを楽しみたいなら、バランスの取れた中煎りのコーヒーがいいと思った。

いろいろ試して自分なりに好きな味わいを見つけて欲しい。


そして、角砂糖の方が形を崩すことなくスプーンに乗せやすいので、粉上の砂糖よりも失敗しない。

実際にカフェ・ロワイヤルを作っている様子

家にあったブラウンシュガー(粉)があったのでこちらを使っていこう。

スプーンにスティック一本分ギリギリ入った…セーフ


普段ブランデーを料理とかに使ったことがないので、なんとなくブランデー瓶を扱うのにビクビクしてしまった。



ということで、瓶から注ごうとして失敗。

少量なら、蓋の方にちょっと注いでたらすのがちょうどよく注げた。



火をつけてみよう…

ブランデーの部分に火をつけるように、したから火を回すようにつけよう…



冒頭の写真のように上手くいかなかったが、ちょっとだけ青い炎が出たので満足した(笑)


火が消えたので、コーヒーに沈めて完成!

かき混ぜて飲んでみよう!

飲んだ感想

ブランデーの香りとほろ苦さがコーヒーの味わいととても相性がいいと感じた。

今回使用したのはカルディのケニア中煎りのコーヒーだ。



酸味が少しだけ強めのコーヒーだが、自分が作った時は、ほんのりと感じるぐらいだった。

ブランデーの味に隠れない、いいバランスになるかもと思ったが、これが大正解!



飲んですぐに感じる程よい酸味とブランデーのまろやかな香り、喉越しの甘さと香ばしい後口。

飲むと体が暖かくなる…夜飲みコーヒー!

冬にぴったりな大人のコーヒー、是非お試しあれ!


バエるためのコーヒー器具はこちら!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です