コーヒープレスのデメリットとその対処方法を発見した

2 min 51 views

コーヒープレスに最近はハマりすぎて、家にある豆をかたっぱしからプレスを欠けている今日この頃…


しかし、見えてきたデメリットというか、最初から感じていた残念な点。

  • コーヒー粉の掃除がめんどくさい

作るの楽しすぎて、目をつぶってたよね…

ワンタン

ワンタン

プレスポットの中に沈んだコーヒーの粉は、プレスの影響でなかなか外に出てくれないし、シンクの中にコーヒー粉をぶちまけるわけにもいかないため、非常に処理が面倒。

水を含ませて生ゴミに入れるのも躊躇すると思う。



せっかく楽しく作ったのに、掃除は絶望的にめんどくさい…化学の授業で実験終わりに試験管を掃除するのを思い出した。

鳥ッパー

鳥ッパー

伝わりづらい

しかし、コーヒー器具だからできる、ある方法で簡単に洗うことができるアイデアを思いついたので共有したい。

準備すべき3つのもの

用意するものはこちら。

  • ドリッパー
  • フィルターorキッチンペーパーでも可
  • 箸を一本(長いものならなんでも良い)

驚いたかもしれないが、コーヒーを抽出するわけではなく、掃除道具としてこれらを使っていく。

ドリッパーがない時は「茶こし」でOK!

ワンタン

ワンタン

掃除の手順

  1. STEP

    ドリッパーにペーパーをセット

    キッチンペーパーなら二重にして破れないようにしよう

  2. STEP

    プレスの中に水を入れる

    コーヒー粉がほぐれる程度でOK

  3. STEP

    棒で攪拌させながら流し込む

    かき出すように攪拌させ、ドリッパーに流し込む

  4. STEP

    ペーパーの水を切って生ゴミへ

    あとは器具を洗剤で洗おう

これでシンクにコーヒー粉をぶちまけずに、プレスの中を綺麗にできる。
STEP3では、一回でコーヒー粉を取りきれないと思うので、何回か繰り返そう。


わざわざコーヒー器具を使わなくても良いのかもしれないが、抽出しているみたいで個人的に楽しいく、掃除が捗ることも大きなポイントだ!

サイフォンなど、他の器具でも効果的

時には、念入りに掃除も必要

コーヒープレスのフィルターは目が細かいため、長期の使用は目詰まりを引き起こす原因になる。

時にはフィルター部分を分解して、パーツを掃除する必要がある。


コーヒーを長く楽しみたいので、ここは我慢して念入りに掃除しよう!

  • 中性洗剤
  • スポンジ
  • ブラシ(あれば)

ポットは傷つきやすく、臭い成分のない中性洗剤を使おう。

プレスを分解したら、フィルターはブラシで擦ると綺麗になる。

プレスの神様はきっとべっぴんさんやで!

ワンタン

ワンタン

プレスのフィルターは消耗品

プレスの目詰まりが気になって、何度洗ってもどうしようもない場合はフィルターを交換しよう。

その際は、自分の使っているプレスのメーカーを確認の上、そのメーカーが推奨しているフィルターを購入すれば間違い無い。

メーカーのホームページで大体は確認できるので、気になったら確認してみよう。

コレステロール値が高い?

健康面の話だが、ペーパードリップしと時よりもコーヒーオイルがたくさん出るコーヒープレス。


ハーバード大学の研究論文によると、オイルの中にコレステロール値を高める「ジテルペン」という物質がよく含まれていることがわかった。

しかし、ペーパーを通すとほとんどは取り除けることで知られている。


コーヒープレスの口に残る粉っぽさも解消されるので、気になる方はペーパーフィルターでこしてから飲んでみよう。

鳥ッパー

鳥ッパー

一石二鳥!

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です